10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年春の発表会

お久しぶりです!
なんだかんだで、毎年恒例の春の発表会が終わりました。
今年はなんと無謀にも

バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータより
パルティータ3番 ブーレ&ジーグ


を弾きました。
今年はちゃんとゴールデンウィーク休めたので、けっこう弾きこめてよかったです。
とはいえ、本番は緊張したりでちょっと間違えてしまい残念ですが、まぁまぁ弾けたと思います。

では、毎回恒例の動画、ご覧くださいませ( ´ ▽ ` )ノ♪


2012年秋の発表会

本日発表会でした!
秋は土日の2日間で土曜日はアンサンブル、日曜日はソロとアンサンブルと合計3回舞台に立ちました。
ソロの曲はパガニーニの「カンタービレ」
今回も無事に撮影できましたので、こちらに掲載します。
まぁ今回もそこそこの出来だったかな、とは思うのですが、自分がしっかり決めたかったポイント(高音のフラジオレット)が決まらず、悔しい限りです。
よろしければ、ご覧くださいませ♪



次の発表会ではバッハを弾きたいと思っていますが、どうなることやら。
次回もがんばります!

今度は早く決まったよ♪

何を早く決めたかって言うと、発表会の曲です。
今回は二択。

ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ

パガニーニ:カンタービレ

春にあきらめた「亡き王女~」でも良かったのですが、この前の春と去年の秋は近代の作曲家の曲が続いたので、ちょっと昔の人のを弾きたいな~とも思っていました。
とはいうものの、その「昔の人」の曲でコレというものが思い浮かばず、悩んでいました。
ベートーヴェンとか、モーツァルト、ヘンデルなど色々考えて曲を聴いたりしても、難しすぎたり、ピンとこなかったりで、困ったなぁと。

ところが、先日の「アイネク全楽章をなんとか頑張って通す会(仮)」の時に、参加されていたSさんがご自身の発表会で「カンタービレ」を演奏されると言うことで、楽譜をお持ちでした。
好きな曲なので楽譜を見せていただいたのですが、やっぱり難しそう…。
でも、その日以降ずーっと「カンタービレも弾いてみたいなぁ」とぼんやり思い続けていました。
とはいうものの、「まだ弾けないよなぁ」と半ばあきらめていたのです。

しかし、前のヴァイオリンの先生にメールした際に、「迷ってます~」ということを書いたら、

「今度はホールもおっきいし、挑戦してもいいかもしれないですね!
 まっ、大すきな曲を弾くのが一番ですよ~」


とのお返事が。
しかし難易度については、まったく言及がなかったので

(あれ、カンタービレはもしかしてそれほど無謀でもないのかな…?)

と、ちょっと希望の光が!
さらにレッスンでも「次の発表会、どうします?曲は何か考えてますか?」と訊かれたので、正直に

「亡き王女のためのパヴァーヌか、パガニーニのカンタービレで迷ってるのですが、カンタービレは無謀ですかね~?」

と答えました。
先生がなんと答えたのか細かいところは忘れましたが、とにかく「無謀ではない」という回答を得られたので、チャレンジしてみることにしました!

というわけで、前置きが長くなりましたが今回の曲は

パガニーニ:カンタービレ

です!
そんなに上手くないくせに、私は技巧的な曲よりも聴かせる系の曲(先生曰く「メロディアスな曲」)が、好きなんですよね(^-^;
やっぱり今回もビブラートもしっかり効かせて、音色にこだわってがんばります!

無事に終わりました!!!

本日発表会でした!
曲はフォーレの「夢のあとに」だったのですが、まぁ…上手くいったかな、と思います(^-^;
今回は撮影が無事に行きましたので、動画をアップします。
こんなんでよろしければ、ご覧ください。
そして、今回は選曲が渋すぎたらしく「次はもっと明るいのがいい」と言われました(^-^;;

ではご覧くださいませ♪

春の発表会の曲が決まりました!

えーと、とってもお久しぶりです!
新年の挨拶もなにもかもをすっとばして、いきなり春の発表会のお話です。

前回の発表会では、ポンセのエストレリータ(簡易バージョン)を弾きました。
で、今度は何を弾こうかな~といろいろ考えて、最終候補に残ったのが

・フォーレ「夢のあとに」
・ラヴェル「亡き王女のためのパヴァーヌ」
・ドビュッシー「亜麻色の髪の乙女」


といずれもフランスものばかり。(これ以外は、だいたい前回の時に上がったのと同じ曲を考えました)

春だから明るい曲がいいよな~~と思って、いろいろ考えたのですが、弾いてみたい曲で絞り、
さらに実際に楽譜を見て「夢のあとに」と「亡き王女のためのパヴァーヌ」に絞りました。
で、前回のレッスンで先生にも曲を見てもらい、制限時間や暗譜のことを考慮して

「夢のあとに」

に決めました。
美しいですが、暗いですね~~~ww

で、実はこれ、譜面をざっと見たときには「あれ?意外と簡単??でも指使いがヘン???」と思ったのですが、な~んと

G線のみで弾く曲

だったんですね~~。
無知ってオソロシイ!

早速練習していますが、ポジション移動の練習になります…。
G線で8ポジまで使わねばなりません…。
とはいえ、好きな曲なので弾けるのがうれしいです♪

◆◇◆◇

ヴァイオリンを始めてもうすぐ丸5年が経とうとしています。
三日坊主だった私が、ここまで続けられるなんて信じられません。
そして「いつか弾きたいなぁ」と思っていた曲に手が届くようになり、あらためて練習がんばってきてよかった!と思いました。
大人でもちゃんと練習すれば弾けるようになるよ!と、声を大にして言いたいです。
「どうしようかな…」と思っているなら、是非始めていただきたいです。
プロにはもちろんなれません。
でも、楽しむことはできます。
音楽が生活にあるって、本当にステキです!

プロフィール

Kaori1go

Author:Kaori1go
大人になってからバイオリンを始めました。
バイオリン歴は9年目に突入しました。
教本はスズキの6巻。小野アンナ(復活)もやってます。
バイオリン以外の好きなものは、旅行と読書(ミステリ)、「リサとガスパール」とうさぎとミナミコアリクイです。
あ、いちおうふつうの社会人です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。