05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小指の股割り特訓

7月最初のレッスン記録です。

まずはいつもどおり先生の調弦から。
調弦の時に、いつもよりスムーズにペグが回らず、先生がちょっと苦労されていました。
うちの子、イイ子なんですがペグが若干硬くて回りにくいんですよね。
先生にそのことを言うと「調整に出した方が良いかも」とのことでしたので、今度調整に出すぞ!と決めました。
それはさておき、レッスン内容です。

【小野アンナ/Scales and Chords of two Octaves のG-durとScales in Third】

ト長調。スラーのみで弾くという課題が出ていました。
まずは8音ずつから。
気持ちよく弾き始めたのですが、しかし、なぜか音程が上ずってしまいます(^-^;
先生からすぐにストップが入り、もう一回やり直し。
でもまだまだちょっと音程がオカシイ!
それでも何回目かでOKが出ました♪
次は分散和音。こちらもなんとな~く音程がオカシイところが。
つまりは、ポジションが高いところが狂いやすいようでして…。
後は最後の和音が低く、しかも音がキタナイ!!
何度か言われているのですが

・和音、重音を取る時は下の指から

・基準の指を大切に


こちらも何回か弾き直してOK頂けましたっ(^o^)/
今まで弾いた中では、最速の合格かも!

ついでに先週宿題で出ていた次のパターン(ミから始まってファに#。上りのド・レ・ソに#ついて下りはナチュラル)の分からないところを聞いてみました。
1の指でソ(2オクターブ)を取るところがあったのですが、どの線で取るのかよく分からなくて…。
で、コレはなんとA線の7ポジ(のはず)!Σ( ̄□ ̄;)
ひえーー!となりましたが、なんとかやってみます。

3度音階はだいぶ慣れてきたので、それほど注意なし。

「手の形に気を付けてください」

とだけ言われましたので、こちらもコツコツやっていきます。


【カイザー No.4】

今回から新しい曲です。
つか、この曲って面白みも何もない、ほんとにエチュードって感じの曲です。
そして特筆すべきは、左手の4の指の限界にチャレンジ!な指記号になっているのです。
1ポジ4の指でA線でファ、E線のドと、バイオリン弾きならうぎゃー!となる音が満載です。
早速見てもらいましたが、A線のファが死にそうです…

・手の形が崩れているので、取りにくくなっている

・全体的に肘を中に入れて弾くイメージでやると弾きやすい

・あまり一生懸命押さえないで、弦に指を引っかける感じで

・手首が逃げているので注意


ボロボロでしたが、半分ぐらいまでこなしました。
引き続き小指の股割りをしていきます…orz

【新しいバイオリン教本3巻/ダンクラ エア・バリエ op.89, No.3 】

エア・バリエ。
前回のパチーニの主題のヤツより、まだ弾きやすいです。前半は。
でもですね~、リズムがボロボロなんですよっ!
私はリズム感がないので、慣れるまでおかしなリズムで引き続けてしまいます。
コレをどうにかしたいのですが、どうしたらいいんでしょうかね?
途中まで弾いて

・クレッシェンド、ディミニエンドが全くないのでしっかりつける

というのが一番の指摘事項でした。いや、もちろん音程とかもですけど。
で、その次にめちゃくちゃリズムの取りにくいところがあって、何度言われても理解できず…orz
ここは長引きそうな気がします。(てゆーか、長引きます)
全体の4分の1までの注意点が、この2点。
次の4分の1(つまり半分)まで何とかいったのですが、まだあまり慣れていなかったため、注意らしい注意はほとんどなく

・一弓スタッカートの部分は人差し指だけで。弓の真ん中ぐらいで、弓を使いすぎないで弾く

と、このくらいでした。
やっぱりエア・バリエ大変ですーーー。
ちょっとでも楽かも…と思った私が馬鹿でした…(T-T)

7月は珍しく真ん中が2週間空いてしまうので、その間に少しでもマシに弾けるようにしたいです。
スポンサーサイト

こんにちわ~

ウチの子も最初ペグが回りにくかったので、購入した楽器店に持ち込んで調整してもらったら「ぬらぬら」動くようになりました。ついでにペグの角度も調整してくれたりして、いきなり調弦が楽になりましたね。

それに味をしめてしまって、弦を交換するたびに楽器店に持ち込んで調整してもらってます。購入した店だからかもしれませんが、無料でやってくれるので・・・。私の弦の張り方が気に入らないようで、毎回全てを張り直しされますが(笑)

一般的なことなのかどうかわかりませんが、ペグが回りづらいというか、良い位置で止まりづらい原因はペグとは限らない見たいです。指板と弦との接点(わかりますかね?指板の一番上のところ・・・)の溝の潤滑が悪くなると、調弦がやりにくくなります。私の先生にあるとき「ペグ調整したのにまだ合わせにくい」と相談したところ、それを教えられ、指板のその部分に石鹸を塗りこまれました。するとアラ不思議(笑)

ペグを回したときに「カタッ」と音がなるなら、そっちかもしれません。



「気合の4」と個人的に呼んでいます。
私はAのファは割と届くのですが、Eのドがさっぱり届きません。

ぷぃぷぃ虫さんへ

コメントありがとうございます♪

実はブログにはまだ書いていないのですが、先日調整に持っていきました。
ペグを見てもらいましたが、ペグコンポジションを塗るだけで大丈夫とのことでした。
塗ってもらってからは動きが良くなりましたが、D線のペグがちょっと緩みやすくなったかもしれません。
なかなか難しいですね。

4の指ですが、私は指が長い方なのでふつうにしていれば、A線のファ、E線のドはわりと簡単に届きます。
が、このカイザーでは、A線の1ポジのレを3の指で押さえたまま、4の指でファを取ることを求められているので、非常に苦労しています(^_^;)
是非チャレンジしてみてください♪

あと、発表会もうすぐですね!
私も緊張しぃなので、気持ち良くわかります!
がんばってください!(^O^)/
Secret

プロフィール

Kaori1go

Author:Kaori1go
大人になってからバイオリンを始めました。
バイオリン歴は9年目に突入しました。
教本はスズキの6巻。小野アンナ(復活)もやってます。
バイオリン以外の好きなものは、旅行と読書(ミステリ)、「リサとガスパール」とうさぎとミナミコアリクイです。
あ、いちおうふつうの社会人です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。