06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふにょーん、ぺこっ!

久しぶりのレッスン記録です。
発表会の後から、あこがれの

ビブラート

の練習に入りました!
うれしいのですが、難しくて…orz
まぁ気長にがんばります♪


【小野アンナ/Scales and Chords of two Octaves のD-mollとScales in Third】

発表会の後から、ニ短調やってました。
このニ短調(レから始まってシに♭がつきます)、通常音階はまだ良かったのですが、分散和音が何度弾いても綺麗に取れません…。
1ヶ月間、ほぼ毎日弾いていたのに…。
A線の5ポジのファがなっかなか取れないわ、E線の6ポジ4の指(ソ)は音が悪いしで、もーう…orz

・左手小指に力入りすぎ → 弦にひっかける位で大丈夫

・左手親指の位置が上った時と下った時で同じ位置にあるようにする


あまりにもドツボにはまってしまったので、次回からはト長調(G-dur)の練習となりました(^-^;
この時、調についてプチ講義をしていただいたのですが、なんとなくこうかな?ということが分かりました。

3度音階は、最近やっとハイポジションの音が少し取れるようになってきて、怪音波を発することが少なくなりました♪
次回からは下りの練習もプラスになりました。

【バッハ/主よ、人の望みの喜びよ】

こちらは教室のアンサンブルの曲です。
今回も1stで…と思っていたのですが、2ndが人数少ないので、2ndに移ることにしました。
弾くこと難しくはないのですが、拍の取り方で迷うところがあったので、そういったところを質問してみました。
2ndも勉強になるのでがんばってみます。

【新しいバイオリン教本3巻/グノー アヴェ・マリア】

この曲でビブラートの練習です。
今回はまず、先生に微妙なお願いをしてみました。

「ビブラートかけている時の、腕を触らせてください!」

女性同士だから遠慮なくできる、このお願い!
触りながら、色々質問して結局「腕は内側には曲げないで、外に延ばして元に戻す動き」とのことでした。
それ以外では

・親指の位置にも気を付ける

・指の第一関節、柔らかく! → 指先でかける時は、特に注意

・A線の1ポジのシ♭を弾いた場合に、ペグに腕が当たるぐらいの勢いで動かす!


この指の第一関節の動きを擬音語で私なりに表すと、タイトルのものになるわけですw

曲自体については

・音程は大体良いのでビブラートを入れる

・途中で出てくるA線のミ♭と、最後の重音のD線1ポジのミの音程が高いので注意する

・最後の方のアクセントを右手人差し指でかける。ただし、抜きすぎて軽くならないように!

・フォルテの音量が少し小さい
 → 音が抜けないように、弦に吸い付かせるように弾く。

・クレッシェンドの時の弓の配分
 → 一番大きくしたいところで弓をたっぷり使えるようにする。pのクレッシェンドの時も同じ。

・元弓でギシギシ言わないように、元では軽く


でした。
正直、ビブラートを入れると右手がかなりおろそかになります(爆)
ビブラートを入れるのは最初の方だけでいいですよ、とのことなので、まずはそれでチャレンジしてみます。

しかし美しく弾くってほんとうに難しいなぁ…
スポンサーサイト

Secret

プロフィール

Kaori1go

Author:Kaori1go
大人になってからバイオリンを始めました。
バイオリン歴は9年目に突入しました。
教本はスズキの6巻。小野アンナ(復活)もやってます。
バイオリン以外の好きなものは、旅行と読書(ミステリ)、「リサとガスパール」とうさぎとミナミコアリクイです。
あ、いちおうふつうの社会人です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。