02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よく考えて弾きましょう

土曜日はヴァイオリンのレッスンでした。
今の課題曲はバッハの無伴奏パルティータ3番のプレリュードとブーレ。
まぁ難しいですが、楽しくやっております。
で、このプレリュードの最初の方ですごく弾きにくい箇所があるんです。
A線→E線→A線→D線の順番に弓を動かさないといけないのですが、これがハイポジションなのもあって、本当に弾きにくいんです。(画像参照)

パルティータ3番プレリュード


先生に相談したら、「肘の高さに気を付けて弾く」とのことで、たしかに肘に気を付けたら、かなり弾きやすくなりました。
また、基礎固めとしてカイザーを地道に続けております。
こちらは今12番をやっていて、レガートの練習。
滑らかに弾くためのコツは、弓の使い方だけではなくて左手の運指にもある、とのことで、どういう指使いをしたら良いか、常に考えながら弾くようにと言われました。
たとえばですが、5度音程(Vnなら隣同士の弦で同じ指で押さえる音。1ポジのミとシ=D線とA線の1の指、など)の並びとか、すぐ同じ音が出てくる時、シドレドシラソ…であれば、シは押さえたままにする…ということが大事です、といわれてそれを考えながら弾いたところ、むだな動きが減って弾きやすくなりました。

で、レッスン終わって家に帰って、今度はオケで演奏するマーラー1番の練習をしていたのですが、1楽章の最後の方でやっぱり弾きにくい箇所が。
どーしたもんかなぁ…と譜面を見ながら何度か弾いてみて「あれ?」と思いました。

「ここって、5度音程じゃんΣ( ̄□ ̄;)」

マーラー1番1楽章


画像で「5度」って書いてあるところですが、G線AとD線Eって…何故今まで気づかなかったのか…orz
さらに、その二つの音の間にあるのはFis…。

「これも指置きっぱなしで弾けるじゃんΣ( ̄□ ̄;)」

(´Д` )ってなりましたが、さっそく指使いを変更したところ、かなり弾きやすくなりました…orz

その後、2楽章に取りかかりました。
やっぱりココでも弾きにくい箇所が…。

マーラー1番2楽章


コレの何が弾きにくいかというと、D線→G線→D線→A線という移弦と弓使いがダウン→ダウンになっているところです。
しかし何度か弾いていて、こちらも「あれ?」と思いました。
そーです。今日のレッスンで弾きにくかった、パルティータのプレリュードのあの箇所と、同じ動きなんですよね…。
というわけで、対処法も同じく「肘の高さに気を付ける」
気を付けて弾いたら、かなり弾きやすくなりました…orz

ということで、本日は今までいかに自分が何も考えずに弾いていたか、ということを痛感させられた一日でした。
そして、レッスンを受けることの意味とは、こういうところにあるんだなぁとも思いました。

もっと考えます…(´Д` )
スポンサーサイト

プロフィール

Kaori1go

Author:Kaori1go
大人になってからバイオリンを始めました。
バイオリン歴は9年目に突入しました。
教本はスズキの6巻。小野アンナ(復活)もやってます。
バイオリン以外の好きなものは、旅行と読書(ミステリ)、「リサとガスパール」とうさぎとミナミコアリクイです。
あ、いちおうふつうの社会人です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。