11
1
3
4
6
8
9
10
11
12
13
17
18
19
20
22
23
25
26
27
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう半分

今日はレッスンでした。
今週も先生の都合で曜日変更。今日は時間も13時からでした。
私の前は少し時間が空いていたのか、教室に着いた時には先生がご自身の練習をされていました。
ほんの数十秒でしたが、やっぱりすごいな~と感心。

さて、私のレッスンはというと、まずはこれから。

【小野アンナ/Scales and Chords of two Octaves の G-moll 】

まずは一音ずつ弾きますが、なぜか音程が外れまくる…。
2巡目で何とか取り戻したものの、こんなはずでは!となってしまい、焦りました。
先生がピアノとバイオリンで音を出してくださったので、それに合わせてなんとか…って感じでした。
2音スラーと4音スラーでも、やっぱり音程がイマイチ…。
もうひとつのパターンの方もあまり上手くいかず、特に最後の和音がキタナイ音に…。

・開放弦と合わせられる音はしっかり合わせてから弾く
・重音はとにかく力を入れない


これは持ち越しとなりました。
来週は合格をもらいたいなー。

【新しいバイオリン教本3巻/ダンクラ エア・バリエ op.89, No.1 】

今回は半分まで練習したので、まずはひととおりさらいました。
とはいっても、細かいところまでは攻略し切れておらず、かなりグダグダに…。

・最初の音(フラジオ)を弾く時は、弓を置いた状態から始める

・同じパターンのフレーズが繰り返して出てくるので、p→mp→mfとなるようにする
 →この方が音楽的に良い

・スラーの時、クレッシェンド、デクレッシェンドを意識して、弓の配分を考える

・フラジオの音の次の音に行く時に、雑音が入らないように
 →少し間が空いても良いので、キレイに戻す

・装飾音をもっと軽く弾く
 →今の弾き方だと、装飾音で無くなっているので、ホントに軽く!

・16分音符で弓のアップダウンが1:3になっているとことは、前回のヘンデルでやった弓使いと同じなので、1の方は勢いをつけて大きく、でも軽く弾く


…とココまでが全体の4分の1部分までの注意です。
音程とかリズムの注意は省略してますが、注意ポイントがいっぱいです。
これにポジション移動もあるわけですから、もういっぱいいっぱいですよ!
もう4分の1部分の注意は主に弓使いに関する注意でした。あと装飾音。

こんな感じですが、次回は後半についても練習してくるようにと言われましたので、ホントにもういっぱいいっぱいがあふれて、いっぱいいっぱいいっぱいぐらいの感じです…orz

とはいうものの、「大体いい」とのコメントもいただきましたので、がんばって練習します。
ふー…
スポンサーサイト

プロフィール

Kaori1go

Author:Kaori1go
大人になってからバイオリンを始めました。
バイオリン歴は9年目に突入しました。
教本はスズキの6巻。小野アンナ(復活)もやってます。
バイオリン以外の好きなものは、旅行と読書(ミステリ)、「リサとガスパール」とうさぎとミナミコアリクイです。
あ、いちおうふつうの社会人です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。