10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よく考えて弾きましょう

土曜日はヴァイオリンのレッスンでした。
今の課題曲はバッハの無伴奏パルティータ3番のプレリュードとブーレ。
まぁ難しいですが、楽しくやっております。
で、このプレリュードの最初の方ですごく弾きにくい箇所があるんです。
A線→E線→A線→D線の順番に弓を動かさないといけないのですが、これがハイポジションなのもあって、本当に弾きにくいんです。(画像参照)

パルティータ3番プレリュード


先生に相談したら、「肘の高さに気を付けて弾く」とのことで、たしかに肘に気を付けたら、かなり弾きやすくなりました。
また、基礎固めとしてカイザーを地道に続けております。
こちらは今12番をやっていて、レガートの練習。
滑らかに弾くためのコツは、弓の使い方だけではなくて左手の運指にもある、とのことで、どういう指使いをしたら良いか、常に考えながら弾くようにと言われました。
たとえばですが、5度音程(Vnなら隣同士の弦で同じ指で押さえる音。1ポジのミとシ=D線とA線の1の指、など)の並びとか、すぐ同じ音が出てくる時、シドレドシラソ…であれば、シは押さえたままにする…ということが大事です、といわれてそれを考えながら弾いたところ、むだな動きが減って弾きやすくなりました。

で、レッスン終わって家に帰って、今度はオケで演奏するマーラー1番の練習をしていたのですが、1楽章の最後の方でやっぱり弾きにくい箇所が。
どーしたもんかなぁ…と譜面を見ながら何度か弾いてみて「あれ?」と思いました。

「ここって、5度音程じゃんΣ( ̄□ ̄;)」

マーラー1番1楽章


画像で「5度」って書いてあるところですが、G線AとD線Eって…何故今まで気づかなかったのか…orz
さらに、その二つの音の間にあるのはFis…。

「これも指置きっぱなしで弾けるじゃんΣ( ̄□ ̄;)」

(´Д` )ってなりましたが、さっそく指使いを変更したところ、かなり弾きやすくなりました…orz

その後、2楽章に取りかかりました。
やっぱりココでも弾きにくい箇所が…。

マーラー1番2楽章


コレの何が弾きにくいかというと、D線→G線→D線→A線という移弦と弓使いがダウン→ダウンになっているところです。
しかし何度か弾いていて、こちらも「あれ?」と思いました。
そーです。今日のレッスンで弾きにくかった、パルティータのプレリュードのあの箇所と、同じ動きなんですよね…。
というわけで、対処法も同じく「肘の高さに気を付ける」
気を付けて弾いたら、かなり弾きやすくなりました…orz

ということで、本日は今までいかに自分が何も考えずに弾いていたか、ということを痛感させられた一日でした。
そして、レッスンを受けることの意味とは、こういうところにあるんだなぁとも思いました。

もっと考えます…(´Д` )
スポンサーサイト

無伴奏ハジメマシタ

バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ

無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ


ヴァイオリン弾きならプロアマ問わず、知らない人はあんまりいないと思います。
音楽の父 バッハの書いたヴァイオリン1挺のみで弾く曲集です。
弾いてみたいと思ったので、チャレンジすることにしました( ´ ▽ ` )ノ
発表会の後、先生に「次は何かやりたい曲がありますか?」と聞かれた時に、思い浮かんだのが「バッハ」でした。
きっかけは10月に行ったローザンヌで、教会に行ったことでしょうか?

「教会で弾くなら、やっぱりバッハだよなぁ」

というそんくらいのことですw
それと、基礎を固めるためにも楽譜どおりにきっちり弾く、ということをやりたかったのです。
でも例のごとく「まだ早いかな~?」と思っていたのですが、先生の方から「無伴奏ですか?」って聞いてくれまして。

「まだ早いかもしれないですけど、やってみたいです」

と伝えたところ、すごいあっさり

「いいと思います♪パルティータの3番だったら、教本にもありますし、簡単なのからやっていきましょう」

と言ってくださったので、始めることにしました。
とりあえずパルティータ3番の譜面を一通りチェックして、重音がなく曲も短いジーグから手をつけました。
たしかに重音はなくて簡単な方だとは思うんですが、むずかしいよ!(´Д` )
音程をきっちり取って、キャラクターの違いを弾きわけ、ダイナミクスに注意する…。
ほんとに楽譜通りに弾くということの、なんと難しいことか!
だけど、これができたらきっとすごく上達するに違いない…フフフ。
(ちなみにこのパルティータ3番は「新しいバイオリン教本」の6巻に出ています。私はこれから4巻ってところですww)

さて、今回この無伴奏に着手するにあたって自分の中で決めたことがいくつかあります。

1)譜面どおりにきっちり弾くようにする
2)感情をこめて弾かない

1は先に述べたとおりですが、2についてはあえて全く個性のない演奏を目指すことにしました。
おそらく自分の演奏の癖そのものが個性となるので、あえてそれ以上は出さない、もしくは本当に全く面白味のない演奏をするほうが、かえっておもしろいのではないかと。
とにかくできるだけ個性は殺して、譜面通りに弾くということを最優先したいと思います( ´ ▽ ` )ノ♪

そろそろなのですが…

久しぶりの更新です。
発表会まで、あと2週間弱となりました。
が。

全然練習ができない…!!

Twitterの方を見ていただいている方はおわかりかと思うのですが、仕事が忙しすぎて帰宅は毎日翌日という有様です(´Д` )
お休みの日にまとめて練習して、下手になるのを食い止めているという状況なのですが、ちょっとホントにヤバイです…。
今までで一番練習できなかった、この前の秋の発表会を超えてしまうほど、練習できてません!!
練習不足を言い訳にはしたくないのですが、でもホントにこんなレベルのものを他人様にお聞かせしていいのかどうか…(´Д` )
せっかく聞きに来てくださる方もいらっしゃるというのに…!
というわけで、連休後半は必死こいて練習します。

休めたら、ですけど…( ̄▽ ̄;)

で、ちょっとだけ真面目な話。
早いもので、ヴァイオリンを習い始めて丸5年となります。
習い始めた正確な日にちを覚えてないのですが、だいたい春の発表会の少し前ぐらいです。
やめようと思ったことはたぶんないはずです。
飽きっぽくて何をやっても長続きしないのに、ヴァイオリンだけはずーっと続いてます。
去年の夏以降は練習できる日が少ないのですが、それまではホントによっぽどのことが無い限りは毎日弾いてました。
そのおかげか、地味な練習の成果がぽつぽつ現れてきたように思えます。
スケールにしてももう2年以上ずーっと小野アンナやってますし、カイザーも1年半ぐらい超ゆっくりですが続けてます。
もちろんまだまだできないことはたくさんありますが、去年の私、一昨年の私に比べたらもう全然弾けてます!
ちゃんとやってきて良かったなぁと思います。
そして、今後の目標もいくつか。

1:アマオケ入りたい
2:ヴァイオリン友達とアイネクやりたい


以上です。
まだまだガンバリマスよ( ´ ▽ ` )ノ

オブリガートでブーレ

というわけで、オブリガートでブーレを弾いてみました。
音色の違いが出ているかは微妙ですが…




ちなみに↓はドミナントバージョンです。

バッハのブーレを弾いてみました

発表会までちょうどあと1ヶ月。
そろそろ、演奏を録音していろいろチェックせねば…と思いましたので、録音してみました。
そして、懲りずに公開しちゃいます。
音程とか弓使いとか、ホントにまだまだだなぁ…と思いますorz

で、では、どうぞ…



難しいです、この曲…

プロフィール

Kaori1go

Author:Kaori1go
大人になってからバイオリンを始めました。
バイオリン歴は9年目に突入しました。
教本はスズキの6巻。小野アンナ(復活)もやってます。
バイオリン以外の好きなものは、旅行と読書(ミステリ)、「リサとガスパール」とうさぎとミナミコアリクイです。
あ、いちおうふつうの社会人です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。