10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリに行ってきました その2

2:9月17日 ヴェルサイユ!

この日はヴェルサイユ宮殿へ。
行き方がよく分からなかったのでフロントの人に質問して、乗り換えの駅なんかを確認しました。
まずはメトロで最寄り駅からRER(電車)の乗換駅に向かいましたが、最初チケットの買い方というかお金の入れ方が分からず、苦労しました(^-^;
が、もっと苦労したのはメトロからRERへの乗り換え
実はメトロ、RERの切符は共通で、乗り換えるからと言って新しい切符は必要なかったのですが、最初RERの切符を買わなければならないと思って自動販売機に向かったのです。
が、クレジットカードと小銭は使えても、お札を使える自動販売機がない!Σ( ̄□ ̄;)
小銭全然ないし、どーすりゃいいんだよ!!!!とひとしきりわめいたところで、はっと思い出してガイドブックで確認したところ、特にメトロとRERの切符に違いがあるわけではないようだったので、メトロの切符をそのまま自動改札に通してみました。
すると…通れました!!
切符もちゃんと出てきたので、どうやらこれで良かったようです。
ヴェルサイユ宮殿の最寄り駅までの電車は、予想に反して2階建て。
当然2階部分に乗り込み、景色を楽しみながらヴェルサイユ宮殿の最寄り駅(Versailles rive gauche)まで行きました。

ヴェルサイユ宮殿は、最寄り駅から徒歩10分ぐらいでした。
初めて見た感想はというと

「金ぴか…!」

です(^-^;
遠くからでも分かるほどの凝った作りの建物で、目立つところに金が配置されているので、よけいにそう思ったのだと思います。
チケット売り場には15~20分ほど並びましたが、これでも空いていたようです。
まずは建物の中を見学。
天井から床、調度品まで全て手が込んでいて、本当に豪華で美しいものばかりでした。
その反面「これじゃあ革命が起きても仕方がない」とも思いました。
とはいえ、どの部屋も趣向を凝らしているし美しいしで、とても楽しめました。
写真も撮りまくってしまいました(笑)
一番有名な鏡の回廊もすごかったですが、意外と何でもない(ということはないんでしょうけど)部屋の方が楽しめました。

建物内を一通り見た後は、庭に。
こちらも庭の端が見えないほどの広さで、ふはーっとなっちゃいました。
どこから見て回ったらいいのか分からないほどの広さで、とりあえず半分ぐらいまで行ってみましたが…けっこう大変!
簡単に言うと、庭の左側、真ん中、右側にそれぞれ趣向を凝らした庭があるのですが、似たような造りが多くて、本当に迷子になりそうでした。
うろうろしているうちにお腹が空いたので、休憩も兼ねて簡単なランチを取ることにしました。
何を食べたかというと、バゲットにハムを挟んだだけのサンドウィッチ。
でもパンの小麦粉の甘みとバターと、ハムの塩気がマッチして美味しかったです♪しかも安い!
この後もしばらく庭をうろうろしましたが、ひととおり見たところで切り上げました。
本当はトリアノンの方にも行きたかったのですが、私がチケットを落としてしまったのと、あまりの広さに私も母もくたびれ果ててしまったのとで、もういいってことにしちゃいました。

この後は、パリの市内に戻ることにしました。
ただ、どこを見るとかは全く決めていなかったので、電車の中でメトロの路線図とにらめっこして、とりあえずコンコルド広場に出ることにしました。
なんとなく凱旋門の方へ歩いていったつもりだったのですが、実は道を反対に歩いていってしまい、チュイルリー公園の方をずーっとルーヴル美術館側にむかってしまいました(^-^;
で、気が付いて道を引き返してコンコルド広場に戻って、今度はヴァンドーム広場を通ってオペラ座へ
途中でバレエシューズで有名なレペットを見つけたので、並んでみました。
前から気になっていたので、サイズが合えば欲しかったのですが、小さいのは小さすぎ、大きいのは大きすぎて私の足には合いませんでした…orz
余談ですが、本当のバレエシューズを買いにきたお客さんは、優先的にお店に入れるようになっていました。
それからギャラリー・ラファイエットに行って休憩して、モノプリというスーパーマーケットに寄っておみやげと晩ご飯、翌日の朝ご飯を買ってホテルに戻りましたが、パリの町並みはとてもステキで、歩いているだけで楽しかったです。
また、ギャラリー・ラファイエットはリサガスの絵本にも出てくる場所だったので、一度行ってみたかったんですが、意外にふつうのデパートでちょっとびっくりでした。

そして、この日のおまけはコンセルヴァトワール・パリ=パリ音楽院を見に行ったことです。
「のだめカンタービレ」で主人公ののだめが通った音楽院です。
ホテルから近いところにあったので、外だけでものぞいてみようと思って行ったのですが、本当に外観しか見られませんでした(苦笑)
意外に近代的な建物で、「え、ホントにここ?」って疑ってしまいましたが、間違いなかったようです。
ちなみに、コンセルヴァトワールのあるところは公園になっていて、楽器博物館(これは別の日に行きました)やホールなどがありました。

ホテルに戻ってご飯を食べてシャワーを浴びた後は、翌日の準備。
翌日はモン・サン・ミッシェルに泊まりがけで行くため、一泊旅行の準備が必要だったんです。
が、翌日は、思いも寄らない出来事が待っていました…。
スポンサーサイト

パリに行ってきました その1

2011年9月16日~21日にフランス、パリに行ってきました!
簡単にですが、旅行記をまとめたいと思います。

1:9月16日 とりあえず出発

16日の朝9時半ぐらいの便で出発でした。
ご存じかとは思いますが、この2時間前には成田空港に到着していなくてはなりません。
つまり朝7時半に成田空港に行くということになります。
電車かバスか前泊かとなりますが、幸い最寄り駅から成田空港への直通バスが出ていますので今回はそれを選択。
で、このバスの出発時間が5時半なので、4時過ぎには起床しなくてはなりません…。
実は7月末からずーっと帰宅が翌日になるような生活が続いており、前日になってもまともに準備できていませんでした…。
さすがに15日はほぼ定時で退社させてもらい、なんとか支度は終えられたのですが、寝たのは2時でした…orz
寝不足でへろへろのままバスに乗り込み、成田空港へ向かいました。
途中はほとんど寝ていたので、あっという間の到着でした。
しかしバスって便利ですね!
出発ロビーのすぐ横に到着するので、重いスーツケースを引きずって長いこと歩かなくていいし。
でも、個人的には電車が好き(笑)

出発ロビーに入ってすぐ、母と合流しました。
チェックインカウンターに並んでスーツケースを預け、時間つぶしと朝食をかねてマックへ。
ちょっと食べているとすぐに搭乗時間になってしまいました。
ところが、私はさっき食べたマックが思いきりもたれてしまい、ちょっと具合が悪くなって機内ではずっと眠っていました。
眠ったおかげか、韓国仁川(インチョン)空港に着く頃にはかなり良くなっていました。寝不足だったんでしょうね~(苦笑)
あ、ちなみに今回は大韓航空利用で往復とも仁川空港でトランジットでした。
空港で飛行機を待つ間、免税店をウィンドウショッピングしたり、フリーのインターネットスポットからtweetしたりして、時間をつぶしました。
時間になったので、シャルル・ド・ゴール空港行きの便に搭乗。
およそ10時間のフライトでしたが、私にしては珍しくほとんど寝ていました。
まぁ、連日の睡眠不足が堪えていたから仕方ないんですけど。

パリには定刻通りに到着。
入国手続きと荷物のピックアップを済ませて、到着ロビーでホテルまで送ってくれる旅行代理店の人と合流。
バスみたいなのかな?と思っていたのですが、予想外にふつうの車(プジョー)でした。
今回のホテルはパリの19区で、中心部からは離れていますが、空港からは思ったより近かったです。
でも、週末の夕方だったのでかなり渋滞していて、ホテルに到着したら20時過ぎていました。
もっと早く到着したのであれば、どこかに食べに行こうかと思っていたのですが、もうそんな元気もなくて、ホテル近くのスーパーで買ったサンドイッチで簡単にすませちゃいました。
シャワーを浴びて、さっさと就寝。

プロフィール

Kaori1go

Author:Kaori1go
大人になってからバイオリンを始めました。
バイオリン歴は9年目に突入しました。
教本はスズキの6巻。小野アンナ(復活)もやってます。
バイオリン以外の好きなものは、旅行と読書(ミステリ)、「リサとガスパール」とうさぎとミナミコアリクイです。
あ、いちおうふつうの社会人です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。